意外と知らないクリスマスのあれこれ

日本でのイメージはなんかロマンチックな一日

12月25日・クリスマス、それは日本で言うと子供のころは家族と過ごし、大人になったら恋人と過ごす心温まる記念日であり、 サンタさんがプレゼントを持ってやってくる特別な日であり…。 彼氏彼女にとっては、欠かせないイベントのひとつともなっているクリスマス 日本人が思うクリスマスはなんだかロマンチックですね。

忘れられがちですが、クリスマスはイエス・キリストの誕生祭

クリスマスの由来ってなんのでしょうか。簡単に言うと実はこういうことなのです。 大昔のローマでは、12月の冬至(1年で一番夜が長い日)には太陽のためのお祝いをしていました。 “いでよ、太陽!”という感じです。その後、時のローマ皇帝が12月25日を太陽神のお誕生日と決めたのです。 ここで日付が確定されるのですね。

イエス・キリストは、正義の太陽神とか太陽神信仰の化身と呼ばれていたことから12月25日のお祭りは、 イエス・キリストの降誕祭として祝うこととなりました。 実際のところイエス・キリストが12月25日に生まれたという記録はどこにもないのですが、 宗教的な問題や影響を鑑みてこの日に設定されました。

そして、クリスマスという言葉は、“Christ(キリスト)とmas(礼拝)”で“キリストを礼拝する”というラテン語が語源になっています。

クリスマス的なイベントは古くから日本にもありました

誕生際とは逆の意味になりますが、鎌倉時代の日蓮宗の僧がなくなった日に各地の日蓮宗の神様が集まる日として行われる「お会式」 など実は、日本でも海外のイベントやホリデーに似た行事はたくさんあるのです。 近年、仮装で話題になっているハロウィンももとは収穫際でした。日本で言うところの酉の市のようなものです。 酉の市は、11月に行われる収穫祭でたくさんの収穫を搔きいれるという意味をもじり、くまでの形をしたお守りやお飾りが販売されます。
こう考えると面白いですね。他にもたくさんありますが、日本のお祝いの仕方が伝統的なものに対して 海外のイベントは斬新だったためにどんどんと広がりを見せました。また、異文化のためしきたりなどを気にせず自由なスタイルにアレンジできたことも これだけ日本で定着した理由として考えられます。

真似してみたい海外風クリスマス

  • 世界各国にはクリスマスに食べるお菓子、クリスマスならではのお菓子がたくさんあります。 デンマークのクリスマスの伝統菓子は“エーブレスキーバ”という名前です。このお菓子、日本人が「それはもしや…!」と思う、 アレに似ているのです …

    デンマークのクリスマス簡単再現

  • 何をするのかというと、それは“決闘・戦い・ケンカ・ファイティング祭り”と表現しましょうか、 一対一の本気モード全開の戦いが行われるのです。 大人の男同士だけでなく、子供同士、また女性同士のケンカも繰り広げられます …

    ケンカ祭りをして過ごすクリスマス

  • メキシコはアメリカの真南に位置する国で、宗教は国民の9割くらいはキリスト教系カトリックです。 また世界的な通常のクリスマスシーズン(12が25日まで)に加え、メキシコでは年明けの1月6日までお祝いムードは続きます …

    子供も楽しいメキシコ風クリスマス